似合うのではない。似合うようになる。

ファッションは大好きです。
自分には自信がなかったのでファッションには興味のない過去の自分がいましたが、ひょんなことからアパレルの仕事に就くようになってから仕事上、
自分のファッションを変えていかなければならなくなり、先輩方のファッションから学びながら
自然と自分も変わることができ、こんな自分でも褒めてくださる人がいる。

と感じた頃からファッションが大好きになり、自分の見せ方、見え方もわかってきたように感じています。
お客様や身近な友人と話していても以前の自分のようにこんな自分には似合わないのではないか‥。と着たい服に対して手が出せずありきたりになってしまうと話す人がいます。
私の経験からの答えは、着たい服を着ていれば、その服に合う自分に慣れる!ということです。

メイクの仕方やヘアスタイルだって、合うと思うものも変化していくものです。
これは、お客様を接客していてよく感じていたことですが、自分には若作りではないか?
この色は挑戦したことがないから似合わないのではないか?という自分だけの判断です。
もちろん、自分が着たい服を着るのが一番なのですが、その自分だけの物差しがファッションの幅を狭めているように感じています。